クレジットカード現金化を考えるなら?Amazonギフト券一択

2022年5月20日

クレジットカード現金化を考えるなら、どんな商品を選ぶかによって手にできる金額は異なります。
中でも、Amazonギフト券の買取相場をチェックしてみると85~90%というように高い水準です。
一方、現金化業者を利用する場合の相場が75~80%なので、Amazonギフト券のほうが遥かに手にできる金額が多いといえます。
悩むならAmazonギフト券一択に絞るのが良さそうですが、さらにそのメリットを考えてみましょう。

新しい換金方法として実力を伸ばし始めているのがAmazonギフト券

ショッピング枠を現金化するためには、これまでは現金化業者を利用することが当たり前でした。
しかし、現金化業者を利用した場合と、Amazonギフト券買取業者を利用した場合、15%程度の換金率の差になるといわれています。
今、新しい現金化方法として現金化業者を介さない買取に注目が集まっています。

Amazonギフト券はクレジットカードで購入することができる

当然ながら、手持ちがないから現金化するワケですし、Amazonギフト券を持っていないから購入するワケです。
そうなると、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化する方法しかありません。
Amazonギフト券はクレジットカードで購入ができます。

オンラインストアだからいつでも好きなときにAmazonギフト券を購入できる

印刷タイプやEメールタイプのAmazonギフト券は、Amazonのオンラインストアから購入することができます。
夜遅い時間帯や早朝、土日祝などに現金が必要になる人もいます。
そうした人にとっては、いつでも購入・買取・現金化できるシステムは魅力になるでしょう。

Amazonギフト券なら、現金にするための手続きが簡単

印刷タイプやEメールタイプは電子媒体だからこそ、メールで送信できます。
通常、現金化したい商品があれば、買取業者へ送付しなければなりません。
また、プレゼント用のAmazonギフト券の場合には受領しなければなりませんから手間がかかります。
よりスピーディな現金化をするなら電子媒体となるAmazonギフト券になるでしょう。
卓上で申し込みから現金化まで、ノンストップでできます。

まとめ:現金化をするならEメールタイプがおすすめ

換金率が高く、それでいて商品を選ぶ必要もないAmazonギフト券の現金化は、急いで現金を用意しなければならない場合におすすめです。
商品を受け取るのもパソコンやスマホの中ででき、換金する手続きもノンストップでできます。
現金化業者を利用するために業者選びをする必要にもならないため、新しい現金化方法だと分かって頂けたのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です